シネマ・デ・4コマ

アクセスカウンタ

zoom RSS 椿三十郎

<<   作成日時 : 2008/01/13 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
織田裕二のケレン味で押し通す映画だと思ってたら
意外な程に面白かったです。
さすが、森田芳光監督作品。
笑わせるツボを心得てますね。
オリジナルに結構忠実な作りとのことですが、
中々どうして若侍達のとぼけっぷりや
家老の奥方(中村玉緒)の天然ぶりが
妙に現代風でおかしくて。
最後まで飽きずに楽しめました。
特に、若侍役の役者さん達(松山ケンイチや林剛史)が
とても初々しくて芸達者です。
三十郎を見る目がみるみる尊敬に変わって行く様子が
手に取るようにわかって、そこがまた笑えるのです。
押し入れ侍の佐々木蔵之助も飄々として最高でした。
そんな笑いのシーンもさることながら、
殺陣のシーンや真面目なシーンは一変してかっこよく、
押さえるべき所は押さえてます。
気に入ったのは、暴走した若侍の横っ面をを三十郎が次々はり倒すシーン。
「おめえらのせいで、しなくていい殺生しちまったじゃねえか!」
本気で怒る姿にハッとさせられます。
緩急の効いた一級のエンタテイメント時代劇。お勧め!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私の好きなトヨエツさまはいかがでした?
ともちゃん
2008/02/08 22:25
あ、ともちゃん!
いらっしゃ〜い♪
トヨエツ様は、すばらしくかっこいい悪役でしたよ。
フェロモンで売るより、
こういうヒール役や
『フラガール』の兄ちゃん役みたいなコミカルな役の方が
彼のパーソナリティが活かされてるような気がします。
「大豆ですから」のCMも面白いですよね(^^)
ようこ
2008/02/09 00:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
椿三十郎 シネマ・デ・4コマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる