シネマ・デ・4コマ

アクセスカウンタ

zoom RSS バベル

<<   作成日時 : 2007/05/06 08:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
愚かな人の多い物語でした。
愚行というのはコミュニケーション不足云々以前の問題です。
映画の中で、国境のトラブルの後、置き去りにされたメキシコ人のアメリアが言ってました。
「私は悪人じゃない。ただ愚かだっただけ。」
人様の子供を勝手に国外に連れ出す行為は確かに愚行です。

無節操な子供は戯れにバスを撃ち、
犯人を探しに来た警察は子供がいるにも拘らず問答無用に銃を撃ちまくる。
被害者の夫は自分たちの為に他の観光客が犠牲になる可能性を少しも考えず、
ただただ理不尽に「待て」と恫喝し、
結局、テロを恐れた観光客は彼等を置いて逃げ去る。
若者は街で薬をもらい、
東京のビル群は高層化を一向にやめようとしない。愚者の塔の乱立。

今それをすべきか、すべきじゃないのか、あと3秒でいいから少し考えてみれば正しく判断できたかもしれないのに、人は中々それが出来ません。
いつもいつも正しい判断の出来る人は、実は少ないから。
つい間違えてしまうのが人だから。
それでも大抵の人はなるべく正しいことをしたいと思って生きています。
モロッコでブラッド・ピット夫妻を助けてくれた現地の通訳の男性だけが、最後まで正しい事をしていたのが救いでした。

銃を使うな
仕事には責任をもて
飲酒運転するな
若いからってなんでも許されると思うな
不謹慎な4コママンガを描くな

一番最後が一番難しいかな(w)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バベル シネマ・デ・4コマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる