シネマ・デ・4コマ

アクセスカウンタ

zoom RSS 犬神家の一族

<<   作成日時 : 2007/01/14 01:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

画像
正直に言ってもいいですか?
これって作り直した意味あったんでしょうか???
元祖版『犬神家の一族』にはものすごい思い入れがありました。だからでしょうか、石坂浩二のふけっぷりが終始気になって気になって物語に入れないんです(w)
結局ね、むさ苦しい様子でいながら、きっちり男前で溌剌としていたヘイちゃんだからこその金田一だったんですよ。よくわかりました。
しかもあの終わり方!なに?!
汽車のシーンに坂口良子のキュンとした表情がかぶってこそ、例のテーマ曲がいきるのに。あれじゃ「遺作」メッセージじゃないですか。違う意味でしんみりさせてどうするの!大抵の事はまず褒める私が今回珍しく辛口ですよ。辛口ついでに新旧のキャストについてちょっと自分なりの方程式をば。。。って書いてみたんですが、冷静になってみれば、ちょっと思いやりがなかったので削除しました(w)
結局、そんなにまでして新旧を比べたくなる程、
市川監督が前作を再現したんだってことなんですね。
いやお見事。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「犬神家の一族」(2006年版) 贅沢なリメイク版・・・ (追記) 
「犬神家の一族」のリメイク、しかも市川+石坂コンビで。これは金田一耕助ファンの私には非常に嬉しいと同時に、やってほしくなかったという気持ちと半々で非常に複雑なところでした。 ...続きを見る
取手物語〜取手より愛をこめて
2007/01/14 15:39
犬神家の一族
お正月に引きこもりすぎでさすがにやばいと思ったので、映画館をハシゴしてみました。お正月休み中もレディースデーは有効。とりあえずちょっと気になっていた「犬神家の一族」を観に行きました。以下、ネタバレあり。<あらすじ>犬神財閥の創始者が残した遺言に書かれた... ...続きを見る
ayaxgogo
2007/02/05 03:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ようこさん、コメントありがとうございます。

私も石坂兵ちゃんはもう歳だとおもいます。私の感想も非常に複雑なんですよね。うれしいような、つくってほしくなかたような・・・。

松子婦人と佐清のシーンは記事でも書いた通り、私もジーンときてしましました。

そして鑑賞した次の日まで、テーマ曲がずっと頭の中で鳴り響いてました。
では。
イエローストーン
2007/01/15 22:35
こちらこそ、ありがとうございます。
イエローストーンさんの『犬神家の一族』への緻密な分析、とても読み応えがありました。ファンそれぞれが部分的に感じるこの違和感は、とりもなおさず監督がそれ以外のものをあまりにも完璧に再現してくれたからなのかもしれませんね。
ようこ(管理人)
2007/01/16 02:02
初めておじゃまします。よろしく。これは、いかんなあ。やまんばが、思わず成敗してしまいそうになりました。
やまんば
2007/01/26 21:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
犬神家の一族 シネマ・デ・4コマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる