シネマ・デ・4コマ

アクセスカウンタ

zoom RSS ダ・ヴィンチコード

<<   作成日時 : 2006/05/28 17:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
全体的に、こざっぱりとしてわかりやすい映画に
仕上がってたと思います。
原作読まないで観に行った母も
普通に面白かったと言ってたし。。。
下馬評程難解で情報量が多いとは思わなかったけど、
何せ上映時間の関係か、端折ったエピソードが多いし、
ラストの方に少し(?)変更があったので、
勿論大満足とはいきません。
でもそれも「ま、いいか」と思える程度。
「よく出来たフィクション」として割り切って楽しんで
結果、キリスト教について少しでも興味を持てれば
いいんじゃないかな〜、と思います。
あと、特筆すべきはティービング邸での
ティービングとラングドンの『最後の晩餐』の絵
についてのやり取り!
ロン・ハワードらしくイイ感じにまとまっていたと
思います。やっぱり彼の作品って、
『アポロ13』といい『ビューティフルマインド』といい
知的論争シーンがツボですね。
ちょっとゾクゾクしました。
トム・ハンクスが思わずかっこよく見えたり。(笑)

それにしても、ジャン・レノって警官役多過ぎない? 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
P.S 聖杯の真相とその眠る場所・・・「ダ・ヴィンチ・コード 」
ルーヴル美術館の館長ソニエールが殺された。彼はみずからをダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図に模して息をひきとっており、周囲には不可解な暗号らしきものが記されていた。 ...続きを見る
取手物語〜取手より愛をこめて
2007/01/07 12:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダ・ヴィンチコード シネマ・デ・4コマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる